2020年02月22日 - 2020年03月01日
木代喜司
[ 傘寿記念展 ]
OPEN/13:00〜CLOSE/19:00
(最終日17:00まで) 会期中無休

昭和15年 京都市生まれ
  35年 京都学芸大学特修美術科卒業
  38年 日展初入選
     京展市長賞受賞
  52年 京展京展賞受賞
  56年 日展特選受賞(’57年特選受賞)
  60年 京都教育大学美術科教官就任
  63年 全国身体障害者スポーツ大会記念メダル制作
平成元年 日展審査員就任
   3年 紺綬褒章受章
  13年 夏の全国高等学校野球大会メダル制作
  15年 京都芸術文化賞受賞
     日展会員賞受賞
  31年 京都府美術文化賞功労賞受賞

  

木代先生八十歳おめでとうございます
先生の作品に出会うとつい微笑みたくなります。
「ああーそうかあ〜〜」といつもお優しく和やか
でほっこりさせていただけます。
温暖化とはいえ2月の京都は底冷えがします。
あたたかくほっこりできる楽空間へぜひお祝い
にお出かけくださいませ。お待ちしています。

  
小西いく子

 《テーマ 80才って何だ!》
 此の度楽空間祇をん小西が、私の80才を記念して作品展を企画して下さり、嬉しく思っています。
 確かに学芸大学入学以来ほぼ60年休むことなく彫刻と向き合ってきました。彫刻があったから私は生きてこられたと言って差しつかえありません。彫刻は私の人生の将に杖であります。うまいもへたもない。彫刻にすがりついて私は生きてきたといって過言ではありません。私の部屋には私の人生の涙とも言える土や石膏や樹脂の固まりがごろごろとしています。どの作品も私を励ましてくれた残がいです。私の作品を「楽しいですね」と多くの方が言って下さいますが、私の作品は自分を楽しませ励ます為に作ってきたもので人様にお見せできるような物ではありません。此度の作品展も私の涙の跡でできた固まりです。皆様に喜んでいただければ本当に嬉しく思います。そして見ていただけた皆さまの杖になってくれれば望外の喜びです。
                   木代喜司

  

2020年03月21日 - 2020年03月29日
河井一喜・平松源
[ 陶・木工 ]
OPEN/13:00〜CLOSE/19:00
(最終日17:00まで) 会期中無休

河井一喜
1971年京都に生まれる。
龍谷大学短期大学部卒業後、
京都府立陶工高等技術専門校、
京都市立工業試験場を経て、
滋賀県永源寺町(現・東近江市)にある
八風窯にて轆轤師として勤務。
1998年から自らの作品を制作。
1999年祗をん小西にて初個展開催。
以後各地で個展を開催。
 
2010年 日本民芸館展 奨励賞
2014年 国展 新人賞
国画会工芸部 準会員
 
 
平松源
1957年 東京都品川区生まれ
1977年 小島雄四郞(黒田辰 秋門下)に師事する
1987年 京都「無名舎」生活工芸展
2009年 日本民藝館展入選
2011年 大山崎山荘美術館「かんさいいすなう」出品
2012年 阪神百貨店工芸展
2019年 阪急百貨店民藝と暮らす展

  

河井一喜さんは楽空間初個展から5回目の登場で8年
ぶりです。滋賀の工房へお邪魔させていただいた折に
作ったサンマ皿は今も愛用しています。綺麗に仕上げ
ていただいたのでお気に入りの1枚になりました。
平松源さんは同じ滋賀の木工作家で初めてのお迎え
です。今回二人展をお願いしました。
使いやすく馴染める作品が色々、お気に入りを見つけ
にぜひお越しくださいませ。お待ちしています。

  
小西いく子

初めての個展を開催させて頂いたのが、
祗をん小西でした。1999年9月9日が初日だったのを今でも憶えています。
自分の作品を制作し始めて1年程での初個展だったので何をどうして良いかわからず、初日はもちろん制作の段階から緊張していたのを思い出します。
あれから20年が経ち、少しは成長出来たとは思いますが、仕事をやればやる程、自身の未熟さを感じてしまいます。
この仕事、一生が勉強だと思い、更なる成長を目指して一生懸命、ものづくりに励んでいる姿を皆様に観て頂きたいと存じます。
                河井一喜
 
 
祇をん小西さんで初めての展示会です。小西さんの展示会は時々見せて頂いており、いつも楽しい作品が多く、私の作品がお客様に楽しんで頂けるか心配です。
河井一喜さんと二人展なので力を合わせて楽しい空間にしていきたいと思います。
                平松源