楽空間 祇をん小西

現在の展覧会

Current Exhibition

光島和子

光島和子

[ ガラス、ジュエリー ]

13:00-19:00(最終日17:00まで)

山櫻が好きです。
 
艶やかな赤い若葉とひとえの可憐な花が一緒に咲くのが。
 
藤、都忘れ、菖蒲、山吹、紫陽花———身近に一輪をぜひ。
 
あなたは?
光島先生のシンプルな花器に選ばれるお花はなにかしら。

小西いく子 

作家より

From the artist

友人や身近な人に会えない今の暮らしの中で、変わったことがある。
我が家の居間の花器に欠かさずある元気な花や緑。
彼らも私と同じ様に息をしている。
急にカラフルな一輪挿しをいっぱい作りたくなり、
マスクをはずせない外出に、めずらしく小ぶりなリングがほしくなりました(笑)
気をつけ乍ら、久しぶりの再会が出来ますよう。
光島和子

作家略歴

Biography

ガラスジュエリーで独自のスタイルを確立。現在は個展を中心に活動。 ほかに、木や紙とガラスを組み合わせたオブジェなども発表。
 
1990 現代日本ジュウリー展 リュクサンブール美術館・パリ
1994 日本のガラス展 ヘラーギャラリー・ニューヨーク
1998 Jewelry Moves スコットランド国立美術館・エディンバラ
2007 "ジュエリーの今 変貌のオブジェ"国立近代美術館・東京
2009 "Glass Wear" Museum of Arts & Design・ニューヨーク
2015 "ART FAIR TAKAO 2015" 台湾
 
収蔵 コーニングガラス美術館・ニューヨーク
Museum of Arts & Design・ニューヨーク
スコットランド国立美術館・エディンバラ
 
著書 GLASS JEWELLERY < Bee Books >
ガラスジュエリー/シェイクスピアの男と女 < ラトルズ >

次回の展覧会

Previous Exhibition

丹羽シゲユキ

丹羽シゲユキ

[ 陶 ]

13:00-19:00(最終日17:00まで)

タンバリン!
もうそう呼ぶのは失礼ですね。
学生時代からのお付き合いで20年余りになりますね。
ずっと変わらずひたむきに制作に向かわれる姿は素敵です。
そして底に流れる優しさ。
白い作品、淡い色、柔らかな肌合い。
北海道のどことなくオシャレ感のあらわれですね。
林檎の木あの時も芽吹きでしたね、もう5年に。
楽空間にお招きするのが楽しみです。

小西いく子

作家より

From the artist

日常の過ごし方がこの一年で大きく変化しました。
美術工芸品が日常に寄り添う時間が多くなったことで
純粋に自作と向き合う時間も比例して多くなったこと。

「作品を通して華やかさを多くの方へ与え続けたい」

思いは増す一方で作品制作の手が進み、
年明けからの過酷だった寒波を乗り越え
北海道にもようやく春が訪れます。

躍動感を増す春。
自宅の林檎の木も芽吹きはじめ
一年で一番好きな季節。

北海道の春の始まりを感じ取って下されば幸いです。

丹羽シゲユキ

作家略歴

Biography

略歴
1978 北海道札幌市に生まれる
2003 京都精華大学大学院芸術研究科造形専攻陶芸コース修了
主な展覧会等
2016 丹羽シゲユキ展―陶―(楽空間祇をん小西・京都)
2016 第1回日本陶磁協会現代陶芸奨励賞北海道展 現代陶芸奨励賞受賞
2017 第12回パラミタ陶芸大賞展(パラミタミュージアム・三重)
2017 茶陶の現在―2018萩―(山口県立萩美術館浦上記念館)
2019 美の予感2019―∞ directions―(高島屋・東京日本橋/大阪/京都/名古屋)
2019 生まれ変わる伝統:イセコレクション所蔵 現代日本の工芸品(香港大學美術博物館)
2019 第4回金沢・世界工芸トリエンナーレ/2019金沢・世界工芸コンペティション(金沢21世紀美術館)
その他、展覧会等多数