2016年09月17日 - 2016年09月25日
森野彰人
[ 陶 ]
午前11時〜午後7時(最終日5時まで) 会期中無休

1969 京都に生まれる
1993 大阪芸術大学芸術学部陶芸コース卒業
1995 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了
 
現在 京都市立芸術大学准教授
   上海工芸美術学院客員教授
   IAC(国際陶芸アカデミー)会員
   清水焼団地協同組合副理事長
   立命館大学客員研究員
 
主な展覧会
1994 近作展17 クレイワークの4人展
   (国立国際美術館/大阪)
1997 ファエンツア国際陶芸展
   (ファエンツア/イタリア)
1998 第5回国際陶磁器展 美濃'98 銀賞受賞
   (多治見)
2002 現代陶芸100年展 「日本陶芸の展開」
   (岐阜県現代陶磁美術館/岐阜)
2003 現代陶芸の華
   (茨城県陶芸美術館/茨城)
2006 日本陶芸100年の精華
   (茨城県陶芸美術館/茨城)
2007 京都市芸術新人賞 受賞
2009 現代工芸への視点―装飾の力
   (東京国立近代美術館/東京)
2012 タカシマヤ美術大賞受賞
2015 京焼歴代展ー継承と展開
    (京都市美術館/京都)

  

涼やかな作品が出来上がりました。
「青」と「白」汗をかきながら制作されたとは・・
エネルギシュな彰人先生、繊細な作品どちらも先生
お料理もお上手とか暖かさも伝わります。
初秋の一日、7年ぶりの個展にぜひお運びください。

  
小西いく子

子供の頃から「ものつくり」が好きでした。
ものが出来上がっていく時の高揚感は50歳を前に
した現在も変わりません。
暑い夏、汗をかきながら制作していると、改めて
「ものつくり」と「やきものつくり」の魅力に気
付かされます。
京都では7年ぶりの個展になります。
今回は私の好きな色「青」と「白」の「やきもの」
を夢中で作っています。
                 森野彰人

  

2016年10月01日 - 2016年10月09日
清水志郎
[ 陶 ]
午前11時〜午後7時(最終日5時まで) 会期中無休

1979 五条坂に生まれる
1998 京都精華大学陶芸コースを卒業する
2002 祖父清水卯一の下で制作する
2004 祇をん小西にて初個展(3年毎)
2005 父清水保孝の下で制作する
2010 土を掘り始める
2011 ギャラリーYDSにて個展(以後毎年)
2012 炭窯を自作する
2013 松ヶ崎に独立する
2014 掘った土で作ることを宣言する
2015 日本橋三越本店にて個展

  

もう立派なお父さんなのになぜか志郎くんと
親しく呼んでしまいます。
祇をん小西を初めてからずっと見続けている
作家、 オブジェから器物へと作品が変化して
早くも10数年たちました。
土にこだわりしっかりと確実に自分の歩みを
続けておられるのは大変楽しみです。
志郎くんの作品に会いにお出かけください。

  
小西いく子

初めての個展をさせてもらってはや12年。3年に一回自分を確かめる場所でもあります。進む道はこっちでいいのか、腕は上がっているのか、毎回、緊張感と新鮮な気持ちで挑ませてもらっています。思えば、初めての時から、「いま一番興味あることをやってください、一点でもいいご自分の納得いくものを是非に」、と、いつも仰る。その懐はふかく、ときに厳しくやさしい。今回も初心に返り、気を引き締めていきたいと思います。
掘ってきた土を、庭で焼いて展示します。どうぞよろしくお願いいたします。
 
                   清水志郎