2016年06月18日 - 2016年06月26日
長田博夫
[ ガラス ]
午前11時〜午後7時(最終日5時まで) 会期中無休

1956年 大阪市に生まれる
1975年 大阪市立工芸高校美術科卒業
1984年 東京ガラス工芸研究所研究科修了、
     石川県、能登島ガラス工房に勤務
1987年 兵庫県篠山市に工房を開設
    制作を開始
    個展、グループ展などに出品
    現在に至る
 
 
【お詫びと訂正】
 
先日お送りいたしました長田博夫展の案内状に
不備がありましたことをお詫びいたします。
下記のように訂正させていただきます。
 
写真面の展覧会期間
誤 2016.6.18−6.21
正 2016.6.18−6.26
 
よろしくお願い致します。

         祇をん小西 小西いく子

  

たくさんあるコップの中で、
ついこれで飲むんですよ…とお客様。
 
手の中にやさしくフィット。
光を通してのきらめきもやさしい。
とにかくやさしい。

  
小西いく子

 私は、主に熔けたガラスを使って作品を作っています
制作している時は、一瞬の形の勢いや力強さを大事に
していますが、そこに難しさもあります
ガラスの中の光の揺らぎと、きらめきの変化に惹かれて
永く制作してきたのですが、今になって私が思うのは
やはり素材が大事だということです
見慣れた素材であるガラスの質感や物理的な性質などを
改めて吟味して、これまでの発想や技術を再検討し
新しいことに挑戦したいと決意しています
 
                長田博夫

  

2016年07月02日 - 2016年07月02日
長澤静子
[ 女義太夫を聴く会 ]
午前11時〜午後7時(最終日5時まで) 会期中無休

長澤静子様(95歳、祇園お茶屋の現役女将)
幼少の頃より日本舞踊、義太夫を習得。
今も続けておられます。
「95歳になりました、いっぺん聴いてもらえたら」とご本人。
七月のお暑い時ですがぜひ皆様 楽空間へ
お越しくださいますようご案内申します。
 
 
義太夫 長澤静子 『傾城阿波の鳴門』
義太夫 吉田輝彦 『傾城恋飛脚』新口村の段
落語  三代目 目白亭恋生 『忠臣藏 七段目』
      三味線 雛文師
 
 
日時:7月2日(土)14時より
    (受付開始 13時30分)
会費:1,000円(お茶とお菓子)
会場:楽空間 祇をん小西
※入場は当日の先着順となります。
 
 
【ご予約/お問い合わせ】
ご予約が定員になりましたので、受付を終了させていただきます。
楽空間 祇をん小西
E-mail:33kyoto@gionkonishi.com
FAX:075−561−5757
お名前、ご連絡先、参加人数を明記してお送り下さい。
こちらにてお申し込みを確認後、受付完了のお返事をさせていただきます。
返信の無い場合はお申し込みが完了していない場合がございます。
お手数ですが、再度お問い合わせください。

  
小西いく子