2019年01月12日 - 2019年01月20日
三橋遵・戸矢崎満雄
「ねこの額」
[ ミクストメディア ]
OPEN/13:00〜CLOSE/19:00
(最終日17:00まで) 会期中無休

グローバル、グローバル化と聞こえてくる昨今、
反対に「猫の額」のように狭く進んでみよう。
小さくてもいい、気持ちの良い世界を目指したい
21年目の楽空間です。

新しい年のはじめお二人の世界が楽しみです。

  
小西いく子

「猫の額」とは狭さを表す言葉で、「ねこの額」と題する2人展は、特に小さい作品を表します。同時に、ネコほどの自由で愛らしい作品をつくりたいとの意図があります。三橋と戸矢崎は1986年に、それぞれ京都と東京に住みながら2人展を開催し、2003年には「一寸のアート」と題して、小ささを競う作品群を発表しました。共に、継続してスケール感のあるインスタレーションを行うと同時に、小さな作品にもアイデアと愛を込めています。
              三橋遵・戸矢崎満雄