小西いく子 -はな-
はなを生けることは、野の花、鉢の 花、庭木の花それ自体でも美しいものですが、その一部を手折り自分の手で自分の宇宙を創るその楽しみが心地よいのです。創りだされる小さな空間は、地球の根源から大いなる宇宙につながる大きい空間でありたいものです。土や糸や木などの素材で自己を表現する作家と同じよう に、いけられた花は心を和ませ、或る時は心を奮い立たせることでしょう。一花一葉のシンプルな花で風雅な趣を持ち、そこはかとなく心に響 く花がいけられればと想うのです。 小西いく子( 嵯峨御流  小西いく甫 )
はな写真
2010年 はな -楽空間- ふゆ
2010年 はな -楽空間- あき
表の間、奥の間に一足早い秋の山・里の風情を、離れでは錦秋織り成す山が水面に映る景色をと山里水を各部屋にいけわけました。
2009年 はな -楽空間- なつ
蓮の過去・現在・未来を夏座敷に活けあげました。
2008年 はな -楽空間- はる
桜を中心に、春爛漫を楽空間で表現しました。
1990年 野口家(花洛庵)
空間にこだわり社中展を開催する。後の「京の町家にいける」繋がる。
1993年 京都国際会議場舞台花とワークショップ
1994年 大江能楽堂 平安建都1200年記念花展
1995年 渉成園(枳殻邸)社中展
1995年 京の町家にいける
2008年 平安司所華展
2010年4月 華道京展 京都大丸
2010年6月 京都観世会館 能「半蔀」立花供養 シテ:片山幽雪
2010年11月 グループ七草
2011年3月 平安神宮献花
2011年6月 齊藤眞成展に挿花(祇をん小西)
2012年1月 京都名流いけばな展(新幹線京都駅コンコース)
2012の京都駅は北の国に想いを馳せていけました。花器の黒は大地 白は雪 緑は壮年 枯れ葉は高齢の方 赤は子供たちのリンゴのホッペ 皆さんに早く平和がきますように。
これまでの活動
京都市に生まれる
同志社大学文学部卒業
1967 嵯峨御流 故小森豊美甫師に入門
1977 嵯峨御流 正教授 拝受 (平安司所所属)
1981〜2005
楽展主宰
社中 展 祇園隆彩洞画廊、美術工芸画廊門前、京都ソサエティー、祇園お茶屋井政、野口家花洛庵、大江能楽堂、渉成園柷穀邸、楽空間 祇をん小西(3回)
花手前 世界の隣人こんに ちは(京都高島屋)、筝曲演奏会(渡辺千也)、比叡山覚性律庵、ギオンコーナー(1994~1997)、国連創立60周年記念広島平和コンサート(ジュネーブ国連本部)
1993 国際放射線腫瘍学会総会(京都国際会議場大 ホール)舞台、玄関花制作、ワ-クショップ
1994
献華 比叡山覚性律庵愛染堂
華道京展 平安建都1200年記念、1998、2010(京都大丸)
1997 ART SESSION IN  安楽寺(寄神宗美、白砂伸夫、奥藤圭三、岩本光司、北川完二)
2006 上田宗箇流 宗箇忌に挿花(大徳寺山内三玄院)
2008 個展 はな‐楽空間-はる 2009, 2010-あき-, 2011-ふゆ- (祇をん小西)
2010
法印拝受(旧嵯峨御所 大覚寺)
能楽 「半蔀」 立華供養(京都観世会館)
2011
齊藤眞成展に挿花(祇をん小西)
その他
小森豊美甫社中展、平安司所華展、平安神宮献花、JR京都駅チケットプラザ、JR新幹線冬の旅等に出瓶
野口家、山本仁商店、新裳苑、京魯膳等の催事に挿花
1991〜 グループ七草結成(三菱自動車ショールーム、素心庵、袋屋、嶋薹、京都美術倶楽部等で華展)
JR西日本WENS、京都ロイヤルホテルパンフレット、カタログ茶の 間、河井
寛次郎の世界展カタログ等に写真掲載。
著書 「京の町家 にいける」 1995年11月発刊