楽空間 祇をん小西
橋本和明

橋本和明

[ 彫刻 ]

「冴えわたる空気、このときに先生のお作を楽空間にお迎えしたいのですが…」快くお引き受けいただきました。 ホッとしました。一月末の真冬から二月の立春へ。 この移りゆく時、凛として一番好きな季節です。ひと指ひと指、そぎ落として表現される作品。私たちは何を感じるのでしょうか?
身につけていただける彫刻(ブローチなど)も届きます。
お寒い時ですがぜひお出かけくださいませ

小西いく子

作家より

From the artist

 凛とした真冬の空気の中で観たいと、小西さんから、楽空間へのお誘いのお手紙を頂戴した。
 展覧会をと言ってくださった節分前のこの季節が、私は なんとも言えず好きだ。
 にぎりしめる粘土の冷たい温度
 ひきしまった空気のうつろい 
 静寂
 立ち現れる陰翳
その全てが彫刻の為に用意された時間に思える。
 
 人の息づかいさえ聴こえる和の空間に、私の作品が、はたして どのように存在するのか・・・
 本望、有難いことだが、緊張する。
 
 冬の芯の如き ひと を つくろう。
 ピリピリと張りつめた魂をもった存在を つくらねばならないと思う。
 
寒い中の展覧会ですが、ご高覧いただければ幸いです。
 
                 橋本和明