楽空間 祇をん小西
宮川真一

宮川真一

[ 陶 ]

京焼きの陶の加飾の世界を身近にみて成長。焼成することの意味を問い続けてもうすぐ10年。土を焼く−縮む、パンを焼く−膨らむこの違い。 焼くことの行為の楽しさをパンを題材にして制作人に喜んでいただける媒体となればうれしいです。と真一さん。釉薬をかけ機能性を持たせパン型のふたものや掛け花器など。お楽しみにぜひ。

小西いく子

作家より

From the artist

「パンを題材に作品も作り出してもうすぐ10年ですね」と小西さんに言われました。
自分でもこんなに長 く続けるとは驚きです!
もちろん今回もパンが主題です。
-見せる部分見せない部分-、作品自体にもその背景にも色々とありまして・・・
でもまずは楽しんでいただける作品を、と制作しました。
おもしろいお茶会もします。
ぜひお越しください。